炊飯器でびっくり炊き!玄米がふっくらと!

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

今まで白米を食べていたのですが、今年に入り、玄米を炊くことにハマっています。
玄米って、身体には良いのはよく聞くから、食べた方が良いなと思うのだけど、洗って炊くまでに最低2時間はお水につけておくということがあったり、よく噛まないといけないということで嫌煙されがちでもある玄米。ところがびっくり!びっくり炊きという炊き方をご存知ですか??秋田県に伝わる炊き方だそうなのですが・・・。玄米が柔らかく炊けるしかも水につけておかなくてもすぐに炊ける方法だそうで、炊飯器でもできるとのことで、私もやってみました。

玄米の割りにはふっくらした炊き上がりということが伝わりますでしょうか??

【材料】玄米2合分

  • 玄米 2合(360ml)
  • 1回目の水 400ml程(米の1.1倍)
  • 2回目の水 320ml程(米の0.8-1.0倍)

【作り方】※分量は上記記載の分量で、炊く米の量に合わせて炊きます。
①玄米は水でサッと洗い水を切って炊飯器へ入れる。
②1回目の水の分量を入れ、炊飯器を急速炊モードにし炊けるのを待つ。

急速炊モードで炊いた1回目

③ ②が炊けたら、2回目の水を入れ、②の米を水が行き渡る様に、しゃもじでざっくり混ぜ、次もまた急速炊モードで炊いて、出来上がり。
(連続で炊飯器が使用できない場合は、高温から冷めるのを待っていて大丈夫)

急速炊モードで炊いた2回目。ふっくらしています。

2回目に水を入れることをびっくり水と言うそうで、びっくり水をさすことによって、玄米の皮が破れて、ふっくらともっちりと炊き上がることができるということだそうです。
この炊き方は、秋田県に伝わるびっくり炊きという玄米の炊き方を炊飯器で応用したものだそうです。
確かに、いつもの2時間水につけて、玄米炊モードで炊くと、我が家の玄米炊きモードは1時間半かけるので、合計3時間半かかって、出来上がる玄米に比べると、
かなりふっくらしていて時間も短縮されています。

もちろん本来の玄米炊きの炊き方も好きなのですが、今日は柔らかいご飯が食べたいなっと思った時にできる方法が知れたので、気分によって玄米でいろんな食感が楽しめるのだということがわかりました。
膨らみ方に結構びっくりします笑。オススメです♪

ありがとうございます⭐︎

↑様々なアイデアが集結したレシピランキングサイト♪